2006年07月29日

滋賀遠征記(中編)10:50−

さて前回何とかのぞみに乗り込み、ひかりを追いかけ東京駅を旅立った私。
手に何ももたず、丸めた週間現代とペットボトルをぶら下げている。
しばらくすると車内改札が・・・車掌の制服が似合うダンディなおじ様とその後からついてくる同じように白い車掌の制服に身を包んだ容姿端麗な女性。
特に時間をかける乗客がいるわけでもなくスムーズに私に近づいてくる。
おじ様か容姿端麗な女性か・・おじ様がやはり手際がよく早い。これはおじ様かと思ったら、前の席の夫婦が連れの分の特急券を出さずにちょっともめる。その隙に容姿端麗が抜きさって私の前に。
内心「さて、この面倒ッちい状況をどう説明するか?という悩みと、この女性もかわいそうに、えらいのにつかまっちまいやしたね・・」という複雑な思いが交錯してました。
極めて冷静に言おうと思ったのですが、逆に不遜な態度ぽくなってしまった・・・
最初はやっぱり状況分かってもらえなかった・・・何だか京都で荷物を受け取る?1分の停車時間で?そんなこと言ったのですか?それはイケマセン!良くないことです!となんだかトンチンカンなことで怒っている。(^^;

ともかく今の状況を伝える・・・そしてともかく東京駅からの連絡を待ってくれと・・なぜか女性車掌は乗車券、特急券を預かり、いったんその場は去る。
それからどれくらい経っただろうか・・週間現代を読破し、携帯もいじり倒して、私の楽しみは東京駅駅員がくれた新幹線の時刻表のみ。
それも結構ぼろぼろになってきた・・・
そろそろ不安感が募ってきて、荷物の中身のこと、家の鍵がバックの中だということ、これからどうすればよいかなど考えを巡らせた矢先に、容姿端麗女性車掌がやって来た!
どうだろう、その顔は笑顔がこぼれてて、背筋をびしっと伸ばし、まさに自信と力強さを持ってるじゃないですかぁ!!!

『東京駅から連絡が入っていました。荷物はひかりで確保して京都駅で降ろすそうです。○○号車のドアから降ろしますので、ドアのところで待っていてください』

『そ・そうですかぁ!あったんだ・・・あったんだ・・はい!京都で○○号車ですね。』
『本当にご迷惑をおかけして、すいませんでした。本当助かりました。』

容姿端麗な女性の手書きメモを受け取り、何度も確認。
素直に感動しました。

丁度座っている僕の高さと女性車掌の高さのせいからか、むしょうに頭をなでてほしくなったほどです。
去っていく女性車掌の力強い背中をみつめ、ぐっと目をつむり喜びをかみしめる。
再び目を開けた私の目は軽く潤んでました。
泣くなよ!俺!苦笑。でもそれくらい嬉しかった瞬間でした。
そしてのぞみは米原でひかりを追い抜き、京都へ。

−京都−
060722-1.JPGまさかこんな形で京都に来ることになるとは・・・京都駅でちょっと余韻に浸っているとすぐにひかりが来ました。
東京駅で見たあのひかり。まぼろしのようです。
○号車では車掌がなぜか楽しそうに、『忘れ物の人?荷物乗務員から受け取って!』と伝えられる。
でドアに向かうと、なぜかワゴンサービスの女性があっしの荷物一式を持っている。
荷物を受け取り、中身を軽く確認する。
060722-2.JPG
購入したまま未開封の水のペットボトルまであるぜ!!完璧。
もっと感動に酔いたいけど、今度は米原まで戻らねば・・・
のぼりホームへ移動して、とりあえずこだままで時間があるので、飯でもとそば屋を探すが見つからず、仕方なしに、駅弁に。
土用の丑の日って今日ジャン?と勝手に思い込み、アナゴ飯を購入。
P1000020.JPG
こだまで京都から米原まではそこそこ飯くらい食える時間があるので、乗り込み、自由席を余裕でゲットすると発車もそこそこにアナゴ飯を食す。

−米原−
IMG_0956.JPG
米原駅へ予定通り到着、この時点で14:00。キックオフが16:00なので、何とか間に合うな・・・とほっとしました。
しっかしこの米原駅。何もないです。栃木でいうと小金井?って感じです。
新幹線が低い位置で在来線と停まっている時点でNG。P1000019.JPG
売店も一つ。駅前にはなんだからスーパーらしきものがあるだけ。
駅レンタカーへ向かう。徒歩で2,3分ほど。
レンタカー屋も待ちくたびれただろう・・・なんせ10:00から借りてて、14:00だし。
レンタカー屋の親父『どうせ近く回るんじゃろ?』
私:『いえ結構遠くて、守山まで行きます』
これを聞いて親父ちょっと表情が曇る。
私も不安になり、『結構遠いですか?15:30くらいまでには行きたいのですが・・・』
親父『上からいかなぁいかんぜよ!おみゃーさん』っぽいようなことをのたまわってたような・・・ちょっとあっしも覚悟する。。
さてゆっくりしている暇はもはやない。案内板の長浜城も目に入らない。
初めてのヴィッツのアクセルを踏み込み、レンタカー屋を後にする。

14:10
posted by JFL紀行 at 03:17| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。