2006年07月25日

滋賀遠征記(前編)6:50−10:50

今回は、私的にぼろぼろです。
ぼけているのか?疲れているのか。。。?ともかく顛末を・・・前日なぜか寝付けずも、新幹線中で寝れば何とかなるかと思って寝入ったのですが、起床してびっくり!
6:50出発予定に時計が指しているのは7:04。しかも体調がめっさ悪い。。風邪の初期症状って感じ。。
寝坊のショックと体調の悪さから、飛び起きた後にソファにへたりこんでしまいました。。そしてあろうことか2度寝してしまう。。。Zzz
次に起きたときは8:00ちょっと過ぎ。
ちょっとは冷静に考えて逆算をする。ともかく彦根城だけでも・・と支度を始める。
幸い、起床してすぐに消炎剤を飲んだせいか、ちょっとは楽に。
なんとか支度も終えて家を出たのが9:30過ぎ。
東京駅に着いて、調べると10:36にひかりがあり、ぴったし米原に止まるらしい。
この時点で10:25過ぎ、購入した切符が7:36のひかり指定なので、ひかりの自由ならそのまま乗れることを窓口で教えてもらい、急ぎ自由席へ。
幸い結構すいていて、5号車の2列シート窓側をゲット(^^)
この時点で体調も戻り、大分ワクワク感も出てきました。
一安心して、さてblogを更新するかと、扉を降りて振り向きざまホームの列車案内を撮影することに。
で、アングルを!と構えたら、なんと扉が閉まっている!!!!!
え!!!!!!??????
一瞬何が起きたかわからない、、、、目の前を横に動き出すHIKARI・・・・
通り過ぎる窓が走馬灯のように・・・流れ出す・・・・・・・・

思わず飛びついて列車を止めようかとも思ったが、間違いなく連行されると思い、思いとどまり、努めて冷静にホームの駅員に、今の状況を説明する。

『あぁ!?今のひかりに?荷物行っちゃったの?はぁ!?』

数秒冷ややかに見られた後

『次の!のぞみの車掌に!事情説明して!ほら見える???あれ!あっちに止まっているやつだよ!わかる??』

と子供かもしくはフォリナーな扱いを受ける。。でもこっちも動揺しまくっ
てるから

『はい!ありがとうございます!』

と高校球児のような返事をして、走りだす。荷物もなくて軽いぜ!なんて。
で隣のホームに着くも、次ののぞみの発車予定時刻が10:50。
まだまだ時間があるため、まだドアも開いておらず、車掌も見えない。
こりゃ埒あかないと判断して、ホームの事務所へ。
さっきよりはきちんと状況を説明。
とりあえず、ひかりの車掌に連絡してもらえることになる。
ところが、このひかりさんがまさに向かわんとしている米原までのぞみに抜かれないことがわかり、荷物を受け取れるのは京都ということになる。

駅員さんからは、

『ともかくのぞみに乗って京都まで行ってくれと!』

結局、東京駅⇒ひかり車掌⇒東京駅⇒のぞみ車掌⇒小職
という連絡方法で対応することになり、のぞみへ乗車することに。
タイムリミットはのぞみが京都に着く13:11まで。

今日2本目のミネラルウォーターと週間現代を購入し、駅員からもらった新館セ時刻表を握りしめのぞみに乗り込む。
幸い自由席、3列シートだが通路側をゲット。
後は祈るしかない。

10:50

P.S.本当にJR東海にはご迷惑をおかけしてすいませんです。。
posted by JFL紀行 at 02:36| 滋賀 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21352552

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。