2006年03月05日

サポーターとしての資質

敵チームの選手に対する、サポーターからの人種差別発言のひどさが波紋を呼んでいるとのことです。いったいどんなことを言っているのか?どんな経緯からこんな事態に陥っているかは知らないですが、人種差別的発言に限らず、サッカーに限らず、なぜサポーターはひどいことを言うのが当たり前になってしまったのか???
『相手チームの選手がカッカきたら、もうけだから(w』とか言う人もいるけど、でもそれって相手に面と向かって言えるか?ピッチを降りて、選手と面と向かっていえるのか?
どうもスタジアムとフィールドの距離感が言わせているとしか思えない(もしくは、相手が手を出さないという確信犯?)

また実際にその相手と試合しているのは自分が応援しているチーム。
選手は相手がにくたらしくて、差別的な言葉を浴びせながら怒らせようとプレーしているのか?差別的発言を耳にしながらプレーすることをどう考えているかとか思わないのか?
ちょっと考えれば分かると思う。

何も人種差別だけに限らない、職業のこと、身体的特徴のことなど直接関係のないことが多いのが野次。
もちろん親善試合じゃあるまいし、1勝は1勝。勝つためには・・・という考えも必要。
納得のいかないジャッジ、マリーシアなんて言葉に彩られたこずるいプレーに対し、非難を浴びせるのは厳しい目を持った観客達の役目ともいえる。
でもスポーツというものは、ルールだけでなくフェアプレー精神を持ってやっているもの。
サポーターにはプレーのルールが無い以上に真摯な態度が必要だと思う。
もちろん、日ごろの鬱憤を酒飲みながら、野次飛ばしてはらすなんてのはもってのほか。
チーム愛はもちろん、興行に対し、リーグに対し、ひいては相手チームに対しての愛情を持つことも大切に。

『試合に勝利する喜びは、相手チームが居ないと決して得られない喜び』

JFL紀行は、今シーズンも"SAVE OUR JFL”の考えに賛同します。
posted by JFL紀行 at 02:05| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14182700

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。