2006年04月05日

振り返って、ロック戦

0−0のスコアレスドローも、がんばってたと思う。
確かに軽いなぁとか、雑だな、声でなくなったなぁ・・なんて感じる場面もあったけど、かなり攻めてたと思う、相手キーパーが当たってたというか、正面をついてしまうというか、こういう試合もあるんだよな・・・なんて試合後に感じた試合でした。
以前栃木が大塚に引き分けた試合なんか、まさにこんな感じだったなぁ・・なんて思ったりも。

得てしてこういう展開逆にやられたりするも、引き分け勝ち点1。
最悪でも1は確保したとみるべきか、、痛い引き分けと見るか。。
相手を考えると、引き分けてる場合じゃないだろ!という話になるけど、
相手は関係ない、シーズンで何試合かあるうちの一つの引き分けとみることもできる。ただ、昨年のような引き分け王じゃ優勝は遠いけど・・・

ともかく、終わってしまった34分の1。悪いところは直して次節FC刈谷をアウェーで勝ち点3とついでに得点も稼いでいって星井!!

そうそう、残念だったのが、試合後に『勝つ気があんのか?』の怒声。
シーズン3試合目、勝つ気がなけりゃあれだけのシュートは打てないでしょ。
むしろ、ロックがまったく勝つ気が無かったと思うが・・・
サポーターにはチームに活をいれるための檄は必要だけど、むしろこういう試合で自分が感じたのは、あと一歩を出し切れさせなかった自分にも反省すべきところがあるのかな?という感情。だからなんか怒りというより残念だったな・・という思いがわいてきました。

それから、こういう状況でも、本田君、菊池君に経験をつませた高橋采配に好感♪きっとシーズン終盤、来季に活きるはず。
posted by JFL紀行 at 00:01| 岡山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。